Macにインテル製以外のチップ?からの転校生

マッキントッシュのCPUには次のような

女性遍歴

変遷があります。

1995年頃まではモトローラ製68K

1997年頃からはIBM、モトローラ、アップル共同開発Power PC

2006年からはインテル製Core
これはWindowsも動かしてしまうという

二股

デュアルブートも実現。


んで最近
Apple製のiPad用CPUをMacBookに使っちゃおうかな?
という

略奪愛の噂が・・・


iPadが出た2010年からずっと

MacとiPadの複数プレイ2-in-1を出して欲しい

という声はがありました。
それが


Macライクな操作性のiPad OSのリリース

iOSアプリをmac OSに転用できる環境の実現

という2-in-1やる気まんまんな姿勢・・・


もう、MacとiPadの統合はすぐそこじゃない・・・
と、うっとりしたいところですけど


インテル製のチップをやめるということは

Windowsは動かなくなるってことかな?


略奪したら、餌は食わせん、的な。



それに、統合したとしても

「別れるとは言っていない」


「2-in-1を出すとは言ってない」
という

不倫の清算

みたいなものが待ってるかも。
だって過去、公式に「出さない」って言ってたので。



2-in-1と言えば
PCだけでなく、男女の入れ替わりもありました。


「転校生」
1982年日本
監督:大林宣彦
原作:山中恒「おれがあいつであいつがおれで」


何度も観て、確信しました。
尾道三部作の中では、一番わかりやすくて面白い。


とにかく男女入れ替わりと言うSFを
叙情的な尾道の風景で撮ったのは

発明

としか言いようがないです。

時をかける少女は、映像美がすごい(スキーシーンを除く)し、タイムリープは当時としては斬新だけど
発明はしていない。


どんなコンテンツも後世まで評価されるのは
発明されたもの。
例えば、印象派とかキュビズムとか。



ただ

大きな問題が一つ。

かなり決定的な弱点。

それは・・・

小林聡美が可愛くない


というところ。
DVDジャケを二度見してください。


入れ替わる前は小林聡美の見た目通り、元気で粗野な性格なのですが、
入れ替わった後(男子になった後)、やたらナヨナヨしていて、違和感があります。

尾美としのりは元々ナヨっとしているのに
入れ替わった後(女子になった後)
やたら暴力的な性格になってしまっている。

入れ替わり前後の性格が一致していないので、せっかくの入れ替わりが不自然です。



でも小林聡美は、大変良い演技をしています。
とても自然な演技で男の子に見えます。
脱ぎまくりますが、ちっともいやらしくないです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


もう一度言います。

脱いでもいやらしくないです。



これが富田靖子(さびしんぼう主演)だったら・・・


あ、入れ替わりは2-in-1ではないですね。
1-in-1が1-in-1になるだけですね。



10点満点で6点。
リメイク作の「転校生-さよなら あなた-」はひどいので観ない方がいいです。


広告をクリックして頂けると、嬉しくて入れ替わってしまいます。

コメントを残す