iPhone→iPhoneを有線で

今までiPhoneを買い換えるときは、PC/MacのiTunesか、iCloudでバックアップを取っておいて、wi-fiなど無線でデータを移していました。

なんとそれが、有線でできるようになるかもです。

なんでもワイヤレス時代なのに、というか、ワイヤレス文化を作ったのはAppleなのに、

時代に逆行

してます。
でも、意外と喜ぶ人は多いような気もします。

上記のアイコンはTouch IDのiPhoneから、Face IDの最近のiPhoneにつないでいるように見えます。

僕のLightningに君のLightningを挿してええぇぇ!

と言わんばかりですね。


現在、Lightning – Lightningのケーブルは売ってないので、
ケーブルを新しく売るか、それとも2019年のiPhoneは、

USB-C

を搭載するかですね。

君のUSB-Cを・・・(自粛)



USB-Cになるとどうなるか。
それは高速充電、データ転送速度の高速化、複数デバイスを繋げられる、などのようです。

でも、USB-Cの方が大きいので、スマホに搭載するには不利ですよね。
それでもMacBookやiPadと同じ端子だと、同じケーブルが使えるので、
充電などでは有利です。

もっと速くぅぅ! もっといっぱい!!

という感じでしょうか。



ところでAndroidとも有線で繋がったら、
Androidから乗り換える人が増えるような気がします。

コメントを残す