iPadOS13 と macOS Catalina

今年のiPadとmacのOSアップデートは、かなり大変革でした。

結論から言うと、最も期待していた機能

Sidecarが、我が家では使えません

でした。



Sidecarとはこれです。

iPadをMacのセカンドディスプレイにする機能です。

今までもサードパーティ製のブツで可能だったのですが、
それがOSに組み込まれました。

なぜ使えなかったかと言うと、iPadには問題ないのですが、

Macが微妙に古かった

のです。
iMac (27-inch, Late 2015)以降が対応機種なのに、うちのはMac (27-inch, Late 2014)。

MacBookも(Early 2016)以降らしいけど、うちのはMac Book(Early 2015)。

どちらも1年ずつ古いだけ。
おそらくCore i5とかi7の世代が一個古いだけでしょう。



ほかにもiPadOS13もmacOS Catalinaも、たくさんの新機能が搭載されているんですけど、
一番期待していたのがこれじゃね・・・


決めました。

今日から反Appleになります。

きっとAppleは「新しいの買えよ、オラァ」と、トランプのアメ車ゴリ押し並みに煽ってるんでしょうけど、
そんな脅しには乗りません。

今まで28年くらいAppleを支持し続けて来たけれど、
Sidecarの一件でキレました。

ユーザーを舐めんなよ、ゴルァ!

何がAppleじゃ、何がクパチーノじゃ、何がジョブズじゃ!



コメントを残す