Huawei問題

ファーウェイ問題という言葉はなんとなく知っているけど、
中身はよく知らない、という方に。




ファーウェイのスマホを使っていると、

個人情報が抜かれて全て中国政府に握られているのでは?


という疑惑がありました。



しかし確実な証拠はなく、疑惑どまりだったのですが、
2017年に中国で成立した国家情報法により、
あー、こりゃアカん。というスパイ天国状態になりました。
(ということはファーウェイだけの問題ではない)

これで怒ったのが椅子に座って相撲を観ていたトランプ大統領。

対中貿易赤字をなくすぞ、ゴルァ!と、制裁をすることに。

一つは全輸入品目に25%の関税をかけるぞゴルァ!、
もう一つは知的財産権などの保護(とか)するぞゴルァ!と。



ファーウェイは現在スマホのシェアで世界二位、5Gなどの基地局シェアで31%と世界一位です。
なのでアメリカに制裁をかけられると、大打撃を受けます。

しかし強気な中国とファーウェイは、

Androidをやめ、独自OSを開発するぞゴルァ!

と言っています。
GoogleもSNSも何もかも自前でどうにかするつもりらしいですが、
流石に中国国外では受け入れられないでしょう。


ここで漁夫の利を得るのが韓国サムスンです。ヒャッフー!


ファーウェイの落としたシェアを丸ごとかっさらって行くと思われます。
Appleはシェアをさらに落とすでしょうね・・・。



じゃあ、日本企業は?


日本はBtoCでファーウェイに6000億円の輸出をしています。
これが丸々無くなるのか、というと、
日本が輸出しているのは基幹部品なので、ファーウェイが落としたシェアの代わりにおそらくサムスンやエイスースなどに輸出することになると思います。
日本の部品がないとスマホ作れないので。

だからきっと大丈夫(と思いたい)。



ただ、中国はレアメタル輸出抑制をチラつかせていたり、駆け引きがしばらく続きそうです。
まあ、でも結局アメリカが勝ち、中国はフリーライド(知的所有権の保護、技術移転強要の禁止、企業補助金の撤廃、外貨差別の撤廃)を止めることになる方が確率は高いでしょうね。




それにしても日本メーカーはスマホも基地局も作っていたのに、
なんなんでしょうか、この存在感のなさは。




*上記の内容はマモンの勝手な理解による記載です。
 事実と異なる場合はご了承ください。


コメントを残す