DJI Osmo Pocket 純正アクセサリー

本体だけでも使えるのですが、

・これが無いと撮れない
・無くてもいいけど、あると便利

なアクセサリーがオズポケにはいくつかあります。


最初、サードパーティーの非純正アクセサリーを買っていたのですが、結局純正品も全部買ってしまいました。



1 充電ケース

¥12,296

予備バッテリー内蔵の本体ケースです。
ワイコンレンズやmicroSDカードなども収納できます。

TENGAじゃないですよ。

おしっこ漏らしそうになる程かっこいい。

シンプルな筒状のアルミケースに、スイッチ一つで開くファブリック製の蓋。
あと外側は充電LEDだけです。

開けるとこんな感じに収納されています。

ガジェットかくあるべし。

無くても全然使えるんですけどね。ただの所有欲。



2 延長ロッド

¥6,300〜7,000


これの前にサードパーティー製の自撮り棒買ってたのですが、
・スマホとつないで使える
・ジョイスティックでカメラを動かせる
などのために買いました。

こんな風に使います。

階段やエスカレータでは使いませんよ、もちろん。



ちなみにですが、そもそもOsmo Pocketは、単体でもスマホと繋げられます。
こんな風に。

本体のタッチパネルが小さいので、この方が操作しやすいのと、
画角がしっかりわかるのがいいところ。

でもマモンは、なるべく小さくミニマルに使いたい派

なので、基本本体だけで撮影します。



3 拡張キット

¥9,350〜15,000

・Bluetoothアダプタ
・拡張ホイールアダプタ
・アクセサリー用ユニバーサルサポート
・おまけのSDカード

本体だけだと、チルトしかできないのですが、
ホイールを装着すると、チルトとパンの両方ができます。

しかし縦か横にしか動かせないため、
斜めに動かすには、上記の拡張ロッドのジョイスティックが必要になります。

こういうパーツもガジェット心をくすぐるのですが、

これを装着すると充電ケースに収納できないため、
マモンは使っていません。



それはそうと

拡張キットという名前に興奮します。
何を拡張してくれるのかな?



4 防水ケース

¥5,000〜6,210

これはものすごく悩みました。
サードパーティー製のものに比べて、かなり高額だったからです。

YouTubeを見まくって、調べた結果、
サードパーティー製だと、画像が歪む恐れがある(という屁理屈)ので、純正を買ってしまいました。

だって純正の方がかっこいいんだもん。

防水なのに海を意識させない「黒」が九州男児のよう。


サードパーティー製だと、こんなのとか。

クラゲのようなこれを買ったわけではありません。


しかしまだこの防水ケースは使ったことがありません。

そもそも海どころか、撮るものないのに全部買って全部使ってない。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。
Amazonの広告ではなく、それ以外の広告だと、
さらにうれションものです。


コメントを残す