DJI Osmo Pocket サードパーティ製アクセサリー

昨日、純正アクサセリーをご紹介しましたが、
実はサードパーティ製のアクセサリーの方を
先に購入していました。

なぜなら安いから、とりあえずお試しとして。



1 micro SDXC 128GB SanDisk
¥2,800〜¥2,980 x5枚

これが無いと録画できません。
SDカードの小さいやつです。

いくつか気をつけるポイントがあります。

まずはスピードクラス。
これは「U3」と書いてあるモノを選択。
4K動画を撮影するのに、必要なスピードです。



そして容量。

容量   フルHD動画  4K動画
16GB 40分      28分
32GB 1時間20分    56分
64GB 2時間40分   1時間52分
128GB 5時間20分   3時間44分
256GB 10時間40分   7時間28分

選ぶ前に、自分はフルHDで撮るのか、4Kで撮るのかを
決めた方が良いと思います。

マモンが256GBを購入しなかったのは、高かったからと、
無くしたら困るからです。
256GBを一枚ではなく、128GBを二枚にしておけば、
撮影済みを一枚無くしても、最悪一枚は残るからです。
これは個人の考え方です。

4K動画は、PCでは編集、再生できるのですが、
マモンの家には4Kのテレビはありません
なのでフルHDで十分なのですが、実験のために4Kで撮影、編集して、Blu-rayやDVDに画質を落として焼きました。


最後にメーカー。

これは個人の考え方次第ですが、
安いものを買うと、最悪録画できなかったりします。

例えば旅ブログなんかのために録画するなら、
一度失敗したら、二度と同じ撮影はできません。
スポーツの試合、結婚式、入学式などならなおさらです。

なので下記の有名メーカーから選ぶと良いと思います。

・SanDisk
・Trancend
・SAMSUNG
・東芝
・パナソニック
・ソニー



2Fine Goog macro SDカードケース

¥809

2個セットの本品を購入したら、片方だけ、ボコボコに凹んでいました。

どうでもいいアイテムのようですが、凹んでいるのは気分が良くないです。
でも、あった方が良いでしょう。



3 Newer 広角レンズ

¥1,299

これは次回書きますが、無くてもいいけど、あった方がいいアイテムです。

磁力でパチっとくっつけるだけのワイドコンバージョンレンズです。
その名の通り、画角が広がります。

自撮りをする方には特に必要かもしれません。
マモンは購入しましたが、一度も使ってはいません。



4 浮きグリップ

昨日の純正アクセサリーの防水ケースにつけるための単なる棒です。
安いので2個買ってみました。

・ノーブランド
 ¥336


・HEQEEZ
 ¥680


防水ケースに合わせたブラックと、海の中で手放してしまっても見つけやすいイエローです。

しかしマモンは海に行って無いので、使ってません。



5 Sunnylife 自撮り棒+三脚

¥1,980

アダプター、自撮り棒、三脚のセット。
Osmo Pocketは三脚穴がないので、アダプターが必要です。

伸ばさなくても、オズポケは小さいので、グリップだけでも持ちやすくなります。



6 スマホホルダー付き三脚

¥999

これもかなり安いのですが、まだ使っていません。

今Amazonの注文履歴を見たら、商品自体がなくなっており、
画像がとれませんでした。

これも次回書きますが、モーションタイムラプス用に購入したのですが、5の自撮り棒+三脚だけでも撮ることができました。

なので、いるんだか、いらないんだか。



実際にはさらにUSB-Cケーブルや、モバイルバッテリーなどを購入しました。
純正アクセサリーを購入した今では、6は不要です。
でも5の三脚は使います。



色々と無駄な買い物もしましたが、
アクサセリーを選ぶだけでも楽しいです。

でも、何も撮影していないですけどね。



広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。
というか、死活問題ですので、よろしくお願いします。

コメントを残す