5Gは本当に危険性、健康被害があるのか

昨年サービスインされた、携帯電話の5G回線。

日本でももうすぐサービス開始されます。

ご存知かと思いますが、これは通信規格の一つで、
第五世代通信規格(=5 generation)のことです。



4Gと何が違うかというと、「スピード」と「遅延」が変わります。

スピードは、4Gの最大100倍になると言われています。
具体的には2時間の映画を4秒でダウンロードできるそうです。



さて、

4Gが健康に悪いんじゃないか

という人たちが、結構多くいます。

皮膚や目に異常が出るんじゃないかと。


だから、こんな帽子を被らないといけないのではないか・・・


と、真剣に考えているらしいです。



まあ、そこまでしなくとも、もしかしたらと思う方はいらっしゃるかと思います。

より専門的に書くと、4Gのマイクロ波と違い、5Gはミリ波を使い、より狭い範囲で小さなアンテナを利用、このミリ波への短期暴露は末梢神経、免疫系、および血管系に有害な生理学的影響を与える可能性があると主張する研究者がいます。


しかしマモンは宣言します。


5Gが健康に良くないというのは、都市伝説

です。


なんら問題はありません。



マモンは携帯電話開発に長い間従事していました。

2G開始と3G開始の時に現場にいました(4Gの時は関わっていません)。

2G、3Gの時も、世間では健康被害を危惧されていましたが、結局何も起こりませんでした。


今回の5Gと全く同じ状況でした。


アメリカ食品医薬品局(FDA)「現在までに得られた科学的証拠は、現在の制限値またはそれ以下の曝露によるヒトの健康への有害影響を支持していない」


コンサルティング企業のRambollでリスクアセスメントを担当する毒物学者ロバート・デモット「5Gという名の下に周波数を変えても、それによって生物学上の健康要因であるエネルギーの部分が変わるわけではない」

ピッツバーグ大学で原子物理学の教授を務めるエリック・S・スワンソン「日常的な光源である可視光は、ミリ波やその他の携帯電話の周波数帯よりも周波数・電磁エネルギー共に高い」

と複数の科学者が認めています。



さらに、

「ムクドリが297羽突然死したのは、5Gのマイクロ波が鳥たちの心臓を止めたから」

と主張する日本人の方がいらっしゃるようですが、

そもそもマイクロ波じゃないし

それに、もしこの話が本当だとしても、

5Gの電波が原因と主張する根拠はただの想像

でしかない。なんの証拠もありません。





ここからはマモンの低すぎる理科の知識なので、
あまり信用されなくても構わないのですが、


そもそも電磁波は、

であり、左に行くにつれてエネルギーが増大します。
右側は携帯電話やテレビの電波、左側は原爆などです。

なので、この図の右側にある

「電波」(携帯電話の電波含む)は、肌に影響が出る紫外線やレントゲンで使用されるX線などより、
ずっとエネルギーが小さい

のです。


ミリ波の波長は1〜10ミリメートルなので波長がマイクロ波よりも短くなりますが、それでも赤外線ほどではありません。


5Gで健康被害が出るなら、外で紫外線を浴び続ける方がよほど健康に悪いということになります。



この周波数云々は、マモンの適当な想像なので、真実かどうかはわかりません。

しかし、5Gの電波による健康被害は確実にないと言えます。

安心して次のスマートフォンに買い替えましょう。



5Gは本当に危険性、健康被害があるのか” への4件のフィードバック

  1. ダーヨ says:

    ケータイ&スマホ、持ってない。
    だから、Facebookにログインできない。。。

  2. mammon says:

    >ダーヨ様
    なぜFacebook??
    てか、Facebookって、PCからでも見られるのでは?

  3. ダーヨ says:

    ログインに、携帯電話番号を入れるように
    なったんです。。。

  4. mammon says:

    >ダーヨ様
    へー、そうなんだ。
    僕は絶対にFBは見ないです。

コメントを残す