緊急事態宣言からの遊星からの物体X ファーストコンタクト


1941年の太平洋戦争開戦、
2011年3月11日の原子力緊急事態宣言(福島第一原発)
2011年3月12日の原子力緊急事態宣言(福島第二原発)
に続いての日本では4回目の緊急事態宣言。


「宣言が遅い」と言っている人がたくさんいますが、9日までで、
死者数はイタリアで1万7669人、アメリカで1万4817人、スペインで1万4792人

日本は108人

これでも「遅い」と言えますか?

宣言を発令すると、買いだめがさらにひどくなるし、
余計経済が悪化します。

むしろ早い方なのでは?

と思います。




遅すぎる! と言って思い出すのが、
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」。

10万年前に飛来したUFOの「物体」と接触した「遊星からの物体X」の前日譚を描いています。



2011年アメリカ
原題:The Thing
監督: マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア


①1951年「遊星からの物体X」→オリジナル
②1982年「遊星からの物体X」→リメイク、有名作
③2011年「遊星からの物体Xファーストコンタクト」→続編

なんだけど、

タイトルが全部「The Thing


リメイクはともかく続編はタイトル変えればいいのに。


まず②と③が綺麗につながっているところが嬉しい。

お話や演出だけでなく、
何よりSFXが前作とかなり似ている(一部はCG)。

あの頃のデロデロがまた見られる幸福。


80年代ホラーのデロデロはすっかり廃れてしまったので、

こういった

巧みの技の継承

はとても価値がありますね。


愛しいシト・・・




10点満点で6点。
続編で成功した稀有な例。

広告をクリックしていただけると、大変嬉しいです。
物体も機嫌よくなります。


Blu-ray、1000円!

コメントを残す