百円の恋

2014年日本
監督:武正晴

これはいい方のポスター。


引きこもりの32歳女性が、ボクサーに恋して、フラれた勢いで自分もボクシングを始める、というお話。

まあ、つまり

ダメ人間がやる気出す

という、典型的なストーリー。

安藤サクラの演技もいいし、一体いつの時代のどこなのかもわからない雰囲気も良い。

短い時間の中で、ダメ人間がやる気を出すまでを自然に描いている。

見終わって、面白かった、とも思う。




でも、なんか、ありきたりなんだよなあ。

冒頭からラストまでが読めちゃう。

だって、絶対、ボクシングを始めた瞬間から、試合をやるだろうことはわかるし、おそらく勝つことはないだろうともわかる。

ダメ人間を描いているお話もたくさんあるだろうし、

一体なにが言いたかったのだろうかと迷う。



女子ボクシングを題材にした映画は今までなかったのだろうか?



で、最終的に男とヨリを戻す。
せっかくボクシングでダメな自分(=ダメ彼氏)に別れを告げたはずなのに、ヨリを戻しちゃいけないんじゃないかと思う。

ああ、なるほど、この映画はボクシングの映画ではなく、

タイトル通り恋愛の映画だった

のだ。

ダメ人間で男と付き合ったことがない女性が、
初めて好きになった相手を、フラれてもずっと好きでいるという、
純愛の物語だった。

最後にものすごく「オンナ」になって号泣する。

そっちが言いたかったのね。



こちらが本来あるべきポスター。


どこなのか調べたら、山口県が舞台でした。
すごくいい感じで70年代にしか見えない(いい意味で)。
携帯電話を使っているから、一応現代なのかな。




10点満点で4点。
本当に安藤サクラは良かったし、面白い映画だと思う。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。
やる気が出ます。よろしくお願いします。

コメントを残す