女霊館

2018年アメリカ
原題:Malicius
監督:マイケル・ウィニック

「女優霊」と空目してしまうタイトルですが、

まんま心霊系のホラーです。

アメリカ人って、やっぱりすごいお金持ちなのね。

お城のような田舎の一軒家が

社宅

なんだそう。

で、そこで心霊現象が起きるのですが、
その原因になるのが、主人公夫婦の妻の妹があげた

引越し祝いのただの空箱

だったのです!

空き箱なんかあげるか? という疑問もあるし、
「箱」というと何やら思い出すものがありますが、
この箱は見た目、全く普通です。
中にも何もないし、普通に開くし。

で、まあ、なんか霊がいるなって話になり、
専門家の盲目の教授に除霊をお願いします。

で、この家に以前住んでいた男が妻を殺していたことがわかり、
刑務所に会いに行きま・・・

思った通り、主人公も妻を殺します。

で、服役して終わり。

ありがちといえばありがちですが、雰囲気は良かったんですけどね。特に怖くもないし、お話に感心するでもなし。

10点満点で3点。
悪霊の声をオープンリールに録音するところが好き。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。

コメントを残す