中居正広退所会見とスキャンダル

2019年アメリカ/2020年日本
原題:Bombshell
監督:ジェイ・ローチ




2020年2月21日に中居正広が、ジャニーズ退所の会見を開きましたね。



よく記事では「記者や人々が聞きたいことに全て答えた100点満点の会見」とか書かれてますね。

本当にそうでしょうか。




マモンが一番聞きたかったことは、

なぜ、CULENと合流しないのか

です。


あの、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の新しい地図の事務所。


なぜ独立して個人事務所を立てるのか。
この点を全く話していませんでした。


個人事務所を運営するのはめんどくさいと思うし、
何より元々飯島マネージャーを慕って5人で独立という話だったのではないか。



まあ、おそらく個人事務所の方が「お金」になるからでしょうか。

もしくは地上波で活躍する自分は、ネット主体の三人とは
格が違うと考えているのか。



ちなみにマモンは中居正広を嫌っているわけではありません。
むしろSMAPの復活を願っています。






さて、そんな芸能界のビッグニュースの陰で公開が始まった「スキャンダル」。

2020アカデミー賞でカズ・ヒロがメイクアップ賞を受賞した作品です。



途中までトランプ大統領候補の失言を取り上げているのですが


実はテレビ局内のセクハラがテーマで、
前半のトランプの話は特に関係なかったです・・・



結局、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドと同じく、

アメリカ人にしか面白さはわからない

作品だと思います。



例えばこの人が日テレの社長からセクハラを受けた、とかなら日本人でも、というか日本人にしかわかりませんよね。



映画の配給元って、そういう「日本人にはわかりませんよ」ということを隠してプロモーションしてますよね。

ちゃんと先に言え

と思います。




とまあ、他国文化が理解できないのは仕方ないとして
SMAPは間違いなく90年代の日本の文化の一部でした。

解散の経緯をいろいろ読むと、
メンバーの一人一人が悪いというより、ジャニー氏の姉

メリー喜多川のパワハラ

が全ての元凶だと思います。




スキャンダルですが
10点満点で1.5点。
アメリカのテレビ業界を知らない人は観ない方が良いと思います。



広告を(買わなくても)クリックだけで良いので、
して頂けると、大変やりがいがあります。





コメントを残す