ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2019年アメリカ・イギリス
原題:Once Upon a time in Holywood
監督:クエンティン・タランティーノ

メタフィクションというかなんというか、
1969年頃のハリウッドを舞台にした作品。
でも、ドキュメンタリーではないらしい。



ディカプリオとブラピの二人が同時主演で、タランティーノが監督という豪華さが売り。

内容はですね、

よくわかりませんでした。


ストーリーと言えるほどのストーリーでもなく、
アクションでもなければサスペンスでもない。

多分、

この時代のハリウッド映画に愛着がある人向け

なんじゃないかと思います。

ところどころ笑えるんだけど、それだけ。

まあ、同じディカプリオ主演の「ウルフオブウォールストリート」に近いかな。



ネタバレですが、ラストに火炎放射器が出てくるところが、

なんともタランティーノっぽい。



ちなみにこの二人の共演は初だそう。
どちらも二枚目役ではなく

だらしない男を演じると、非常に良い

と思います。

マモンもそう言われたい。
もっと「だらしない男ね!」って、罵って!



10点満点で2点。
いや、好きな人はいるはずだと思います。
マモンには刺さらなかっただけで。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。
最近全くクリックが無いようなので、非常に悲しいです。

コメントを残す