モバイルSuicaでキャッシュレス(実践編)

今日はちゃんとスマホを持ち歩いて出かけました。

まずは電車に乗りますよ。
ドキドキ。



あれ?


アプリを立ち上げなければいけないのか、
そのままでも通れるのかがわかりません。

調べると、どうやらそのままかざせば通れるようです。

恥ずかしながらもタッチしてみると・・・
なにも起きません。

後ろの人に見られたらかなり恥ずかしい。

気を取り直して、もう一度。
今度はタッチした瞬間にピッという音と共に画面が自動で立ち上がり、
通りましたよ、というお知らせがありました。

ここではまだ料金が確定していないので、
残高が表示されるのみ。

降りるときにタッチすると、ちゃんと料金と残高が表示されます。

無事、電車タスクは終了。



次は自動販売機。

なかなかSuica対応の自販機が見つからないですが、
ようやく見つけた自販機は都会の真ん中。

ドリンクのボタンを押す。

Suicaのボタンを押す・・・のかな?

そしてiPhoneをタッチしたのにドリンクが出ません。

額に滝のような汗が流れます。

周りの人たちにクスクス笑われているような気もします。



その場から逃げました。



住宅街の人通りが少ないところで再トライ。
ググって調べてみると、Suicaのアンテナは、

iPhoneの頭の方にあるとのこと。

さっきは真ん中ら辺でタッチしてたのでダメだった様子。

確かに頭でタッチしたら、ドリンクが出てきました!
ドリンクタスクも終了。




最後はコンビニです。
これは店員さんとやりとりするので、さらに恥ずかしい。

恐る恐る店員さんに、

「iPhoneのSuicaなんですけど、どうしたらいいですか」

と尋ねると、すぐに

ここ

と、指差ししてくれました。


でもそこには「nanaco」のマークがあります。
それでも言われた通りタッチすると、

支払いできました!



マモンの理解度が低いのもありますけど、
UIがまだまだな気がします。
デザイナーの仕事ですね。


かなり緊張しましたけど、どうにかモバイルSuicaを使うことができました。

財布を出す必要がないのは、かなり便利ですね。

ただ、マモンは家計簿をつけているので、
コンビニでレシートをもらえなかったのはちょっとツラいですね。
電子マネーからで支払うと直接家計簿に記録されるアプリがあることは知っています。



昨日のスマホを持たないで出かけたに続くケアレスミスをしてしまいました。
今日、財布の中を見たら、

普通のSuicaを持っていました。


なのにダウンロードしてしまった。
ヒューマンエラーというヤツでしょうか。
かっこよく言っても失敗は失敗ですね。

コメントを残す