ミッドナイト・イン・パリ

2011年アメリカ
原題:Midnight in Paris
監督:ウディ・アレン

知能指数高い系の映画

かと思ったら、結構知能指数低めの映画でした。



アメリカ人カップルがパリに来て、脚本家の彼が真夜中酔っ払っていると、
タイムスリップして、1920年代に行ってしまう。
そこで、

あ、コクトーだ、あ、ヘミングウェイだ、あ、ピカソだ、あ、ダリだ、あ、マティスだ、あ、ドガだ、あ、ゴーギャンだ、あ、ロートレックだ

と、次から次へと有名人が出てきます。

コントのように。

あの時代のカフェやサロンに憧れはあるけれど、あんまり出し過ぎるとありがたみがない。
「それでも恋するバルセロナ」もそうだったけど、アレンはただ単に

妄想をそのまんま脚本にしているだけ

に見えます。
映像も特にパリの美しさを表してなかったし。

妄想はいいけど、露店で偶然見つけた古い日記が、タイムスリップ先で出会った女性のものだったりと、

御都合主義もひどい。

まあ、リアリティーを問う映画じゃないのはわかっています。
あくまでファンタジーです。
それでもこの映画で

うわあ、パリ素敵

と思えるには、相当知能指数が低くないと難しいです。
10点満点中、2点。


コメントを残す