ミッション:インポッシブル/フォールアウト

2018年アメリカ
原題:Mission Impossible – Fallout
監督:クリストファー・マッカリー

シリーズ6作目。
1作目が1996年なので、もう22年もやっている。
でも、もっと沢山シリーズあった気がするような。

マモンはあまりこのシリーズが好きではありません。
冗談っぽくて、真剣味がないからです。
もっと真剣なスパイモノが好きです。



出だしからしばらくは、あまり盛り上がりもなく、
さすがに6作目で息切れしたかな? と思いましたが、
最後のヘリのチェイスシーンはかなりの盛り上がりでした。

ラスト、まるで2作目(だったかな?)で見せたような
クライミングシーンは、思わず汗を握ります。



ところで、ビルからビルへ飛び移るシーンでトムは骨折したらしいです。

まるでジャッキー・チェン

のようですね。

マモンは「酔拳」で骨折した直後のジャッキーと
渋谷の無印良品ですれ違ったことがあります。



トム・クルーズと全然関係ない話でしたね。すみません。自慢です。


フォールアウトはさすがの完成度でした。
特撮に見えて、身体張ってるんですね。

10点満点で5点。
前半はダルいけど、後半はなかなかです。

コメントを残す