ヘイ、Siri、歌って。

Siriって、使ってますか?

マモンは全く使っていません。
なぜなら必要がないから。

ところがです。
今から二つの事例をお伝えします。
するとどうでしょう、Siriが使いたくなります。




細かい説明は抜きにして、この(デザインする気がない)子を紹介します。

ね? 夢がない見た目ですよね。
ラトックシステムという会社のスマート家電リモコン RS-WFIREX4。
で、これで何ができるか。


冬の朝、布団から出たくないけど、出なきゃいけないと悶絶しているあなたが、

布団の中からSiriに「ヘイ、Siri、ゲラップ!」というだけで、
エアコンがつき、テレビがつき、いつも見てるチャンネルにしてくれて、コーヒーを沸かし、天気予報をしてくれます。


セリフはなんでも良いです。

たった一言Siriに言うだけで、

これら全部ができます。




もう一つ。
これから一人暮らしの真っ暗な寂しい家に帰る前に「ヘイ、Siri、アイムホーム」と言うだけで

部屋の温度と明るさを外出先からチェックでき、エアコンをつけ、照明をつけて、アイドルの歌声で待っててくれます。



何度も言いますが、セリフはなんでもいいんです。


「すっとこどっこい起動」

とかでも大丈夫です。
まだ、お風呂を沸かすのは無理かもしれませんけど。



最新のスマート家電がなくても、赤外線が届く範囲なら今ある家電がスマート化されます。
もちろんネットに繋がっているスマート家電なら家中どこにあっても使用可能です。

そしてこれらの指令を、自分の好みにいくらでもカスタマイズできるんです。

もしあなたがお望みなら、「ヘイ、Siri、ちょっとだけよ」の一言で

部屋の照明をピンクにして、ムード歌謡を流し、エアコンを最適化し、その気にさせてくれます。




話が逸れますが、知人に、

「ポール・モーリアの恋はみずいろを流しながらじゃないと、イケない」

という変わった女性がいます。
誰もが知っているあの曲です。


あ、アダルトなことを初めて書いてしまいました。
聞かなかったことにしてください。




それはともかく

どうですか? Siriに興味湧きませんか?

コメントを残す