フィフス・ウェイブ

2016年アメリカ
原題:The 5th Wave
監督:J・ブレイクソン

雑に言うと、宇宙人が攻めてきました。子供達がやっつけました。
と言うお話。

原作小説は3巻まで出ていて、そのうちの1巻だけらしい。
突っ込みどころが多すぎて、何か言う気にもなりません。

まあ、でも子供が大人をやっつけるってのは、日本のアニメでも御同様

ティーンエイジャーはいつだって大人よりも賢くて、正しくて、強いのです。


ところで、作中、エイリアン的なモノは出てきません。

「見た目は人間と一緒」と言う経費削減

を狙った設定です。
UFOもちゃちいし、お金は前半の洪水部分で使ってしまったのでしょう。




似たような作品で「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と言うのがありますが、
あちらはUFOもエイリアンも出てきますし、 何より大人が戦います。
かなりマシです。



10点満点で1点。
1点はクロエ・グレース・モレッツだから。

コメントを残す