ヒアアフター

2010年アメリカ
原題:Hereafter
監督:クリント・イーストウッド

のっけから津波のシーン。
リアル過ぎて観るのを止める。

3.11を体験したわけではないのですが、
2ヶ月後の惨状を目の当たりにしているので、
CGだとわかっていても、手が震える。とても観られない。



しばらく経ってから続きを観る。
始まって20分で、いじめで子供が死ぬ。
観るのを止める。



その後、数日ほったらかしてたが、
決意して続きを観る。




すると、どうやら死後の世界が題材らしいとわかる。
「ヒアアフター」とは「来世」の意味だそう。

臨死体験をした女性、兄弟を失った子供、霊能者の主人公。
この三者の話がずっと並行して流れ、
最終的に一つになる。


深いテーマやメッセージがありそうな雰囲気だけど、
とにかく嫌なシーンが続くので、
観るには精神的な健康が求められる。

それほどオカルト色もないし、宗教色もない。
結局は霊能力を題材にした普通のドラマ。



10点満点で2点。
嫌な気持ちになったので、二度と観ない。

コメントを残す