トンマッコルへようこそ

2005年韓国
原題:웰컴 투 동막골
監督:パク・クァンヒョン

朝鮮戦争時、韓国兵と人民軍兵とアメリカ兵が、
穏やかな村で出くわし、徐々に打ち解けて、最終的には戦争になるというお話。

コメディなのかなんなのか、笑うシーンがたくさん出てくるんだけど、
「あれ? ここで笑っていいの?」と笑いのポイントで迷う。

そしてジャケ写の少女が、なんだかずっとヘラヘラしていて、
中心人物なんだけど、なぜ居るのかよくわからない。



最後の最後にようやくアメリカ軍の爆撃が始まって、
「あー、やっぱり戦争映画なんだ」とわかる。

途中まではなんだかわからないままだったけど、
結局言いたいのは、

南北兵士の和解と協力という、反戦映画

なんだろうなと。
現在の朝鮮半島の情勢を考えると、かなり複雑な気持ちになります。




途中、イノシシと戦ったり、草っ原で遊んだりと、ちょっと冗長。
早く戦争シーンになってくれればよかったのに。



10点満点で1点。
戦争の汚さ、醜さみたいなものは一切ありません。

トンマッコルへようこそ” への2件のフィードバック

  1. リオ美 says:

    ポスター真ん中の女子、松浦亜弥かと思ったですよ。
    んで、その後ろが佐藤二朗。

  2. mammon says:

    >リオ美様
    あー、そう言われてみると似てるね。なんかちょっと古いアイドル顔?

コメントを残す