ダークナイトライジング

2012年アメリカ
原題:The Dark Knight Rises
監督:クリストファー・ノーラン


せっかく「ジョーカー」を観たので復習。
もう何万回観たかわからないです。


「ダークナイト・トリロジー」の3作目。


全部ノーラン監督なんだけど、


1作目の「バットマンビギンズ」が圧倒的につまらない

のに、2、3作目は神がかっているほど面白い。

マモンはもともとバットマン、というか、アメコミヒーローが好きではないので、昔のシリーズは観ていません。
でも、この2作目、3作目は

震えるほど好き。



何がって、「ダークナイト」はジョーカーが、「ライジング」は

アン・ハサウェイのキャットウーマンが。


これです。


これ。



うーん、これ以上の女性の悪役はいないんじゃないかと思いましたが、いました。

このひと。


「スーサイド・スクワット」のハーレイ・クイン。

違うから。決して、エロ目線じゃないから。



話がバットマンから逸れてしまいました。

本当の悪役は別にいるのですが、
そちらはどうしても前作ヒース.レジャーのジョーカーは超えられませんでした。

でも、このキャットウーマンや、メカなど見所はたくさん。

ネタバレですけど、
最後に二人でフィレンツェに居るシーン、
そしてロビンが登場するシーンで終わるところがヒジョーに素晴らすぃ。




そういえば日本にも最強の悪女がいましたね。

このひと。


不二子さん。


違うから。本当にエロ目線じゃないから。


いや、本当だってば。



えーと、「ダークナイトライジング」は
10点満点中、8点。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。
本当にエロじゃないから。

Blu-rayもお安いですよ。

コメントを残す