ターミネーター2

1991年アメリカ
原題:Terminator 2:Judgment Day
監督:ジェームズ・キャメロン

昨日の1984年の「1」の続編。
昨日書いたように、悪役だったターミネーターが正義の味方になる。

映画全体の雰囲気も明るく派手になり、
主題曲であるGuns N’ Rosesの「You Could Be Mine」がぴったり。

話は逸れますが、80年代のアメリカの映画は、
主題曲がいちいちすごかった。
バック・トゥ・ザ.フューチャーの「The Power of Love」然り、
トップガン、ビバリーヒルズコップ、フットルース、フラッシュダンス・・・



で、この映画ですが、「1」よりお金もかかっていて、
CGがどっぷり使われていて、大変面白いのですが、
やっぱりマモン個人としては、ターミネーターは悪役であって欲しかったと思います。



ところでお話も曲もいいですが、
この映画にはもう一つ、伝説的に良いとされていることがあります。
それは・・・

エドワード・ファーロングの美少年っぷり

はい、これ。


撮影当時はおそらく13歳。
まあ、この映画は90年代ですが、きっと2年前の89年でも美少年だったでしょう。

そして80年代を代表とする美少年といえば、はい、これ。

リバー・フェニックス。

まんま吉田秋生の世界から出てきたよう。

マモンにはそっちの気はありませんが、これは見惚れてしまいます。じゅる・・・



どちらもものすごい美少年ですね。


本日より公開されている「ターミネーター:ニューフェイト」。
これは映画としては「6」作目になります。


マモン目線では「3」は最悪。「4」はまあまあ、「5」は覚えていないって感じですが、

3以降は全部なかったことにして

(5でもリブートと言っていたが・・・)「2」の正当な続編だとか。

エドワード君も出てくるそうですが、あの美少年はどうなったのか。
そもそもシュワルツェネッガーがアクションをできるのか。

「2」の途中で、「NO FATE」という文字が出てきました。
今回はそれを新しく書き換えるという意味で「NEW FATE」なのでしょうね。



10点満点で10点。
当時の点数ですが、今見ても面白いです。


広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。

ターミネーター2” への2件のフィードバック

  1. ダーヨ says:

    ターミネーター2になってから、
    制作費が上がったよねぇ~

    敵は、形状記憶合金だっけ?

  2. mammon says:

    >ダーヨ様
    T2はトロンとは違い、CGが完全に映画の一部になりましたからね。
    今回の「ニューフェイト」の敵も、ほとんどT2の敵と同じなので、28年間、進歩してないですよ。

コメントを残す