スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

2019年アメリカ
原題:Star Wars:The Rise Of Skywalker
監督:J・J・エイブラムス

先に点数を言います。


10点満点で2点。


エピソード8「最後のジェダイ」よりはマシ、程度。


我々新人類世代、バブル世代には、果てしなく影響力のあるコンテンツであり、その頂点でもあります。

それが42年経ち、ようやく完結しました。

これが、どれほど意味のあることだと思いますか?

人生そのもの

と言っても過言ではありません。



このシリーズは特別なものであり、普通の採点は難しいところです。

しかし大きくは下記の2点において、失敗していると言わざるを得ません。

1 旧三部作のファンを喜ばせる

2 常に新しいことをする

3 キャスティング



1については、ルークとレイアとハン・ソロ、ランドが出てきたじゃないか、と言われそうですが、
出し方の問題です。

イウォーク程度なら、あの出し方でいいと思いますが、
そもそもルークは8で死んではいけなかったし、
ハン・ソロも7で死んではいけなかったし、
レイアは8で死んでいなければいけなかった。


マモンの理想としては、

ハン・ソロは生きて、ミレニアム・ファルコンに乗って欲しかった。
ルークは、生身でカイロ・レンと戦って欲しかった。

出せばいいってもんじゃない。
この二人なら、こう、という出し方があるはず。

そしてダース・ベイダーを出して欲しかった。

霊体だとしても。



2の新しいことについてですが、基本的にはメカで新しいことをして欲しかった。何にも新しいものがないなんて。
また、クリーチャーもですが、なんか蛇みたいのが出てきましたが、かなり力不足という感じ。
で、昔のレガシーしか使えないなら、

デススターは必須

だったのでは?



3のキャスティングについては、エピソード7の段階で大失敗しています。

レイもフィンもポーもカイロ・レンも、全く感情移入できない。


旧三部作、新三部作のキャスティング(レイアは除く)のように、キャラが立っていないので、うすーい感じがします。

レイシストむき出しのことを言いますが、
黒人もアジア人も出すなよ、と言いたい。


細かいことも含め、とにかく言いたいのは、

これで面白いと思っているのか?

とJ・Jに問いたい。


8の大失敗を何とか回収するだけになっていて、
全く面白くないと申し上げたい。

言いたいことがありすぎて終われませんが、終わります。

とにかくこの映画は特別。

7、8、9とも、ターミネーターのように、なかったことにして、もう一度作り直して欲しい

です。



広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。

コメントを残す