ジュラシック・ワールド/炎の王国

2018年アメリカ
原題:Jurassic World:Fallen Kingdom
監督:J・A ・バヨナ


シリーズ第5作目。「ジュラシック・ワールド」の続編。


タイトルが出るまでのほんの数分、すごい怖かった。

やっぱり一番怖いのは水棲恐竜。

ラスト近くにもチラッと出てくるんですけど、
なんであんなに怖いんだろう。





前半が第1作からのおなじみのイスラ・ヌブラル島で火山が爆発して
恐竜たちと逃げるシーンが、かなりハラハラするし、
映像的にもたっぷり感があります。

前半の最後、

一頭だけ首長竜が噴火している島に残されてしまうシーンが、
切なくてすごく良かった。

前半は思ってたよりいいです。
1作目に続く面白さ。



なのに!
後半はひどいです。
アメリカ本土に恐竜たちを運んで、

恐竜オークション

をするというお話になり、えらく安っぽい。

お決まりのドタバタ劇が続き、悪者はやっつけられ、
味方と子供だけは全然無事という、水戸黄門的パターンですが、
とにかく小規模。



ネタバレすると、恐竜たちはアメリカ本土で逃げてしまうというオチ。
それがどうやら6作目に続くそうです。
でもそれってシリーズ第2作でやらなかったっけ?



10点満点で4点。
前半だけなら6点。後半が本当に残念。



怖いのはこれです。
ちびりそうに怖い。

コメントを残す