ザ・ドア 交差する世界

2009年ドイツ
原題:Die Tür
監督:アノ・サオル

ドイツのSFサスペンス。

近所に扉を発見し、そこを通り抜けると、5年前の世界に行ける。
そこで死んでしまった娘を助けたり、5年前の自分を殺したり・・・

設定だけ書くと、それなりに面白そうなんだけど、
見せ方が全く面白くなく、見ていて苦痛。

もっと色々事件も起きるだろうし、殺人が起きても全く騒ぎにもならない。

娘にしても父親が入れ替わってるのを気づいているのに、
特に驚いたり、嫌がったりすることもない。



せっかくの設定が勿体無い。
非常に地味になってしまった。

10点満点で2点。
設定はいいんですよ、設定は。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。

コメントを残す