コクヨ しゅくだいやる気ペン

正直、22世紀からやってきたネコ型ロボットに影響を受けたであろうネーミングなIoTグッズ。



市販の鉛筆につけて使うそうですが、
シャーペンは使えないの? とちょっと疑問。

BluetoothでiPhoneとペアリングして、
文字をどれだけ書いたかをiPhoneに飛ばして筆記量を管理。

本体のLED色が変化したり、筆記量でアプリのキャラクターが成長したりするとのこと。

果たして子供がそのくらいでしゅくだいするでしょうか?



もっと激しい報酬がないとモチベーションにならないのでは?

それとデザイン、もうちょっとどうにかならなかったのかな、と残念に思います。
なんか作る側の熱量が足りない気がします。



せめて育つキャラクターを、コクヨ以外の誰でも作れるようにしたら(LINEのスタンプみたいに)、飽きないかなあ。



ところで

大人がやる気になる

Bluetoothグッズはできないのかな?

コメントを残す