カイジ 人生逆転ゲーム

2009年日本
監督:佐藤東弥


あの有名な「カイジ」の実写映画。

漫画の実写化は、だいたい失敗

と思われますが、
今作は、あまり原作の漫画に囚われていない感じで、

成功した部類

じゃないかと思います。



特に主演の藤原竜也は、

クズを演じると一級品

とマモンは思っております。



内容は、お金やら生命やらを賭けたギャンブル、というだけなので、
ほとんどは心理戦に重点を置いています。

藤原竜也で心理戦といえば、「デスノート」を思い出しますが、

どうしてこんなに差が開いたのでしょうか。


映像的にも演技的にも、かなりチープなんですが、
それが昭和的と言いますか、うまく「」に転化しています。


公開当時観て以来ですが、
年明けに第三作が公開されるとのことで、
復讐に、いや、復習に観ました。





クセの強い原作漫画ですが、
それに相応しい、こってりした藤原竜也の演技が合っていて、
なかなか面白いと思います。



10点満点で5点。
まあ、好みによるとは思いますが、マモンは好きです。

広告をクリックして頂けると、大変嬉しいです。

コメントを残す