オーシャンズじゃない方のクルーニー

マモンはコーヒー中毒です。

小・中学生の頃は週に一杯だけと決められていましたが、
高校に入ってからは飲み放題。

ご飯を食べずにコーヒーだけで生きていたら胃に穴が空いて入院しました。

そんなマモンがイタリアに行き、コーヒー好きに拍車がかかりました。

エスプレッソじゃないと物足りない

ことになったのです。
これです。

201011021226000

イタリアで「アメリカン」なんて注文すると、バリスタの機嫌が悪くなり、エスプレッソとただのお湯を渡されて、自分で薄めて飲め、と言われます。

みなさん、わかってると思いますけど、

スターバックスのラテはエスプレッソですから、アメリカのものではありません。




さて、マモンは家でもエスプレッソを飲みます。
それが、こちら

NESPRESSO ESSENSA エアロチーノバンドルセット D100SI/A
価格は忘れました。おそらく2万〜2.5万円くらい。

このマシンはエスプレッソを淹れるだけで、エアロチーノと言うミルク加熱泡立て器が別にあります。

このマシンにこれを入れます。

見たことありますよね?

例のジョージ・クルーニーのアレです。

味はですね、これが微妙なところです。お店ほど美味しくはないですが、

缶コーヒーよりはマシです。

ざっくり言うとエスプレッソにフォームドミルクを入れたものがカプチーノで、温めたミルクを多く入れたものがカフェラテです。フォームドミルクを少量だけ入れたのがカフェマキアートになります。





上から目線で申し訳ないですが、一つエスプレッソの飲み方をお教えします。

みなさん、エスプレッソが苦いと思っていますよね。
でも違うんです。

エスプレッソは砂糖をドバーッと入れるのが正式な飲み方です。

スプーン一杯づつ砂糖を入れていくと、ふと味が変わる瞬間があるんです。
これはイタリア人に教わったので、嘘ではありません。

しかし

トルコ人はアメリカンコーヒーにも、コーヒーが見えなくなるほど砂糖を入れます。本当です。


コメントを残す