オアシス

2002年韓国
原題:오아시스
監督:イ・チャンドン

ジャケ写はイメージです。

内容とは全く違っています。こんなほのぼのしたお話ではありません。
内容を一言で言うと、

障害者の恋愛

です。
ここで引いてはいけません。
まず

主人公がちょっと知能が低く、犯罪ばかり

しています。

この時点で見るのが辛くなってきます。

そしてヒロインですが、

脳性麻痺

で身体がまともに動けません。

ここで観るのをやめたくなります。

そしてそんなヒロインを

強姦

しようとします。未遂ですが。
もう辛くて辛くて、泣きそうです。



そこからは一転、純愛モノに変わりますが、
障害者であることに代わりはありません。

高速道路で車から降りてヒロインを抱きかかえて踊ると言う「ラ・ラ・ランド」ばりの美しいシーンも一応あります。
きっとここが描きたかったのだと思います。思いたい。



しかし、

どんどん救いようがないくらいひどい展開

になります。

ただ、ラストは特にオチもなく、なぜかサラッと終わります。
ハッピーエンドではないけれど、これは希望なのかなあ・・・




鬱映画の中でもかなりなものです。
とにかく演技がすごいです。
名作かもしれません。
でも、

心が健康な時に観てください。




10点満点で3点。
ヴェネチア国際映画祭で監督賞と新人賞を獲ったそうです。
まあ、こういうのは興行成績よりも賞狙いなんでしょうね。

コメントを残す