エンド・オブ・ホワイトハウス

2013年アメリカ
原題:Olympus Has Fallen
監督:アントワーン・フークア


とりあえず、邦題がダサい。

カメラのオリンパスかと思ったら、
ホワイトハウスのことをオリンポスって言うのかな?



北朝鮮が武装してアメリカホワイトハウスを占拠するというお話。

まあ、だいたい想像通りの展開なんだけど、
ちょっと想像より安直な感じ。

楽勝で大統領の息子は確保できるし、
部外者の主人公が一人でなんでもやってしまう。

簡単に占拠されるし、簡単に奪還できる。
なんだかなあ。



ところで、北朝鮮と韓国の話で、第七艦隊が関係しているのに、

日本の名前が出てこない。


中国とかは出てくるのに。

やっぱりアメリカ人にとって、日本はいまだにどうでもいい国なのでしょうか。




10点満点で2点。
アクション映画としても大したことない。
モーガン・フリーマンの無駄遣い。

コメントを残す