ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

原題:Darkest Hour
2017年イギリス
監督:ジョー・ライト


アル中で、他人に怒鳴り散らしているクズジジイが

第二次大戦中、イギリス首相を務めた話。

チャーチルは誰でも知ってると思いますけど、このクズっぷりは映画の演出なのか事実なのかよくわからない。

戦争時代の話だけど、戦争シーンは出てこない。
例の近景ばかりで遠景が出てこない低予算映画。

ここ感動するところだよね? というシーンでも、

ちっとも感動出来ない。

でも、演技はいいな、と思って調べたら、なんとこのクズジジイを演じているのは、あの「レオン」でも有名な

ゲイリー・オールドマン。

さすがです。
さっぱり分からなかったのですが、なんと

特殊メイク

で演じているらしい。
その特殊メイクは日本人アーティストの辻一弘という人。
この仕事でアカデミー賞メイクアップ賞を取ったそう。

特殊メイクだけで

200時間

かかっているとか。
観るところはそこだけですね。

本当にゲイリー・オールドマンはクズ役が上手い。

でも映画は2点がいいとこ。
全然興味なかったけど、一応最後までは観られました。

コメントを残す