イット・フォローズ

2014年アメリカ
原題:It Follows
監督:デヴィット・ロバート・ミッチェル

セッ○スすると「何か」に追われるようになる、ことが感染するという
「リング」のビデオテープ的なお話。

この映画、そこそこ怖いシーンがあるので、ホラー映画としては正しいのでしょうけど、意味不明なところが多すぎです。




まず、いつの時代なのかわからない。

テレビは白黒ブラウン管だけど、ケータイのようなモノも出てくる、、、んだけど、それで通信はしないで、本を読む。

車は80年代くらい。

出だしで主人公(19歳女性)が椅子に縛り付けられるんだけど、特に意味なし。

二番目にセッ○スした男は殺されるのに、次のカットでは歩いている。

主人公がボートに乗った三人の男のところへ泳いで行く、、、のはセッ○スして男たちに感染させるため? と思わせておいて、特に何もなし。

ラスト近く、プールで「それ」を殺した後の血。



とにかく意味深なんだけど、わからないことだらけ。


ところで昨日の「7 wish」もそうなんですけど、アメリカのティーンって、みんな車持ってるんですかね。
「眺めのいい部屋」もそうですけど、アメリカ人って、そんなに所得多いんでしょうか。

10点満点で2点。
怖いっちゃあ、怖い。

コメントを残す