アロマディフューザー デザインベスト3

マモンも以前、アロマディフューザーのデザインをしたことがあります。
しかし、その時は、こちらの意図通りにモノが作られず、正直失敗作でした。

世の中には随分沢山のアロマディフューザーが売られています。
その中でデザインが気になったモノの中から、マモンセレクトベスト3を発表します。

第一位
THANN アロマディフューザー ピオニーブラック、ブリオニーホワイト
14,040円。

本物の陶器

で出来ています。

これをお店で見た時の衝撃たるや・・・

確か台湾デザインだったと思うのですが、日本デザインのレベルを心配したくなる出来です。
似た商品で無地の安いモノもある(それも陶器製)のですが、こちらの紋様有りとは勝負になりません。

まるで火焔土器

を初めて見るかのような衝撃でした。


第二位はこちら

キシマ クービコ アロマランプ クリア KL-10166
4,730円。

いかにもマモンが好きそうですね。

本物のガラス

を使用しています。
中が見えないのも高得点です。
ちなみに画像はアンバーですが、無色透明なモデルもあります。




第三位はこちら

±0アロマディフューザー
6,510円。

あのプラマイゼロの製品です。

第三位ですが、完成度は低く、

樹脂製で中の構造物が見えるので25点。


マモンなら中は見えないようにしたと思います。

でも、ただ単にマモンが

青い瓶が好き

と言う理由だけで選出しました。
4色展開で、どの色も綺麗です。
本物のガラスを使用していたら二位でした。



いかがでしたでしょうか
他にも無限にアロマディフューザーはありますが、
どれもこれも似た感じで、プラスチッキーで安っぽいです。
やはり素材感が決め手だと思いました。

コメントを残す