いけないケトル先生

家取る

と書くと戦国時代みたいですが、

毛撮る

と書くとなにやら

いけない撮影会

みたいです。

そんな電気ケトルがこちら

T-fal 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル メタリックホワイト 0.8L BI805H72
3,700円。

実はこの子、弐号機でして、初号機はこちらの色でした。

こっちの方がT-fal感ありますけど、キッチンを白とシルバーに揃えたかったので、初号機が壊れた際に、色を変えてみました。

電気ケトルとはその名の通り、お湯を沸かすしか能がない家電です。
しかしこの単機能がいいんです。
昨日のアイロンみたいに。

不器用ですから・・・

と呟く健さんみたいな。

ガスで沸かすより、かなり速くお湯が沸きます。

お客様なんて誰もいないのだから

急ぐ必要もないんですけどね。

絵面としてはガスでやかんでお湯を沸かす方がカッコいいですが、
ついつい便利な方へ流れてしまいます。

お客様なんて誰もいないのだから

カッコつけても誰も見てくれないのです。

ただ、あまりにも便利過ぎるとカップラーメン度が上がるのが問題です。
人間はやはりある程度不便なくらいがちょうどいいのかもしれません。

コメントを残す