ある天文学者の恋文

2016年イタリア?
原題:The Torrespondence
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

何を血迷ったか、

恋愛映画など観てしまいました。
しかし、いきなり

老学者と若い女子学生の不倫

から始まります。
ディズニー映画みたいなロマンチックなタイトルとポスターですがドロドロです。
「ニュー・シネマ・パラダイス」の監督の新作だから観たのですが。

そして、あっけなく

老学者が死にます。

あまりの突然さに、ヒロインも驚いています。
んで、ここからが本編。

次々に死人からメールやら手紙やら宅急便やらが送られてきます。

ホラーかな? と思ったら違いました。
秘密の鍵やら暗号やら、いろいろ出てきます。
ヒロインはその手紙に誘われて、あちこちへ行きます。

これはもう、壮大なオチが待っているだろうな

と思わせぶりです。

しかし、結局、

何も起きません。

手紙に秘密なんてないんです。

死ぬと不倫できなくなるのが辛い

と言うだけのようです。
ニューシネマパラダイス的な感動など、全くありません。
ヒロインは「天文学」の学生で、「スタント」のバイトをしていますが、

天文学もスタントもなんにも関係なし。

オチは、ヒロインが老人から

不動産を相続されてラッキー

で終わり。
あんまりだ。

老人と寝て遺産を奪うと言う悪女の話

でした。
10点満点中、1点。

コメントを残す